岩手医科大学付属病院 循環器医療センター

北東北の皆様に最新の医療を「TAVI」岩手医科大学付属病院 循環器医療センター ハートチーム

大動脈弁狭窄症とは

大動脈弁狭窄症とは心臓弁膜症のひとつで、
大動脈弁の開きが悪くなり、
血液の流れが妨げられてしまう疾患です。
軽度のうちはほとんど自覚症状がありませんが、
病状が進むと動悸や息切れ、疲れやすさなどの症状が現れ、
重症になると失神や突然死に至る可能性もあります。

正常な弁

狭窄した弁

大動脈弁狭窄症治療のあらたな選択肢「TAVI」

新しい治療法(TAVI=Transcatheter Aortic Valve Implantation)が加わりました。

大動脈弁狭窄症に対する治療法は症状の進行度合いによって変わってきます。症状が軽い場合は、薬による内科的治療が選択されますが、 これは症状を和らげたり進行を抑制することを目的としており、狭窄した弁の根本的改善の治療というわけではありません。
よって、 重度の狭窄においては弁を取り換える事が治療法となります。

岩手医科大学付属病院 循環器医療センター

TAVIのメリット

外科的治療が出来なかった方への新たな選択肢
ご高齢のため体力が低下している、もしくはその他の疾患などのリスクを持っているなど、
外科的治療ができなかった患者様にとって、新しい治療の選択肢となります。
体への負担が少ない
開胸することなく、また心臓も止めることなく、カテーテルを使って
人工弁を心臓に留置しますので、患者様の体への負担が少ないのが特徴です。
早い社会復帰が期待できる
手技時間と入院期間が短いため、患者様の比較的早い社会復帰が期待できます。

TAVIの2つのアプローチ法

TAVIには、太ももの付け根の血管から挿入する「経大腿アプローチ」、肋骨の間を小さく切開し、心臓の先端(心尖部)からアプローチをする「経心尖アプローチ」という2通りのアプローチ方法があります。岩手医科大学付属病院 循環器医療センターでは、患者様の状態に最適な方法をハートチームが選択します。いずれのアプローチにおいても少ない身体的負担で治療が可能となります。

画像提供:エドワーズライフサイエンス株式会社

すべては患者様のために 岩手医大ハートチーム

Iwate Medical University

岡林 均(Hitoshi Okabayashi) 心臓血管外科学講座 教授、森野 禎浩(Yoshihiro Morino)内科学講座 循環器内科分野 教授

Doctor's Voice

「ハートチーム」と呼ばれる前からハートチームです

岡林教授:岩手医科大学附属病院循環器医療センターは、循環器疾患に特化し、高度な治療を行うことのできる組織として、平成9年5月20日に開院しました。この北東北の地に日本全国から優秀で熱心な医師を招聘・確保し、最先端の設備で治療と研究を行っています。

ここでは設立当初より、循環器科、心臓血管外科、放射線科、麻酔科、循環器小児科の5科が集まり、毎朝カンファランスを行うルールがありました。患者様の経過や今後の方針についての情報共有、症例のプレゼンテーションなどを行い、入念な検査と討論を経て治療方針を決定しています。

ハートチームという呼称が一般的になる前から、科の隔たり無く常に緊密に連携してチーム診療をするという土壌があったのです。

森野教授:ハートチームの重要性が叫ばれるようになって久しいですが、コミュニケーションや考え方、スケジュールの調整が難しい等、まだ諸々の課題があると耳にすることがあります。

岩手医大のハートチームは、各科がお互いにリスペクトし合い、患者様のために最善を尽くすという意識と環境が真の意味で整っています。これは国内ではほとんどない特色で、ハートチームの連携が必須であるTAVIにおいても強みだと考えています。

患者様が前向きに治療を検討できる時代

岡林教授:大動脈弁狭窄症を含む心臓弁膜症は、症状が徐々に進行するため自覚しにくいのが特徴です。心臓弁膜症は自然に治ることはないので、進行する前に治療をすることが本来非常に大切です。

治療にはいくつかの方法がありますが、年齢や他の疾患などの理由で従来であれば外科手術は諦めざるを得なかった患者様に、TAVIという選択肢ができたのは、非常に画期的なことです。TAVIには、経大腿アプローチが難しい方には経心尖アプローチという方法があります。ハートチームが一致団結して患者様ひとりひとりの状態を十分に検討し、最適な治療方法を選択、ご提案します。

喋るだけで息切れし、疲れやすくなって歩くのも辛い、という重度の心不全症状を自覚しながら外科手術を行うのは厳しい状況でふさぎ込んでいた患者様が、TAVI術後、元気な日常を劇的に取り戻していくお姿を見たときには、本当に喜びを感じましたね。

森野教授:ご相談されたかかりつけ医の紹介で来院され、TAVIをお受けになることを決められた患者様ですね。術後数日で歩行され、その後は「心臓の苦しさがなくなった」と本来の日常生活に戻り、歌を歌うまでになられましたね。

患者様が前向きに治療を検討できる時代になっています。症状や異常を感じている場合は、すぐに診察をお受けになってください。

医療関係者の方、24時間365日、いつでもご連絡ください

岡林教授:従来では外科手術を行えなかった患者様に、TAVIという新しい選択肢ができました。まずは1度ご相談いただければと思います。

森野教授:65歳以上の日本人の約3%が大動脈弁狭窄症と言われているデータがあります。
岩手県の65歳以上の人口は約37万人ですので、計算上では県内でも約1万人もの方が大動脈弁狭窄症である可能性がありますが、それに対して治療を受けられている方の数は非常に少ない状況です。

大動脈弁狭窄症は、聴診時の強い心雑音などの特徴があります。ご担当されている患者様についてお気づきの点がございましたら、些細なことでもご連絡ください。

私共は夜間・休日を問わず24時間365日、いつでもご連絡を直接受け付ける待機体制を構築し、常に最善の治療を実践できるよう準備をしております。ご相談は基本的にお断りしない姿勢です。

高度な治療を要する患者様に最後の砦として最先端の治療技術を提供したり、あるいは最善の治療方針を選択したりするためには、地域の先生方との連携が不可欠です。ご協力をお願い申し上げます。

岩手医大のハートチーム

毎朝の「循環器医療センターカンファランス」に加え、グループごとの分科カンファランスを行い、情報共有と綿密な論議をしています。「TAVIカンファランス」も毎週行っています。

循環器専門医、心臓血管外科専門医、心臓超音波専門医、心臓麻酔専門医、放射線科専門医、麻酔科専門医のほか、看護師、臨床工学士、放射線技師、理学療法士などのコメディカルもメンバーとして多数参加し、広く細かく情報を共有して患者様への最善の選択に努めています。初診時からご退院まで厳重な管理を行います。

最新鋭の機器を備えたハイブリッド手術室

ハイブリッド手術室(hybrid operation room; HOR)とは、冠動脈治療や末梢血管治療と同等の診断精度を有するX線透視装置を手術室内に設置した、高機能の手術室です。大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術をはじめ、TAVIなどの構造的心疾患治療には必須の設備です。

岩手医科大学附属病院循環器医療センターでは、最先端の治療技術をいち早く取り入れるべきだという強い思いで、2013年3月に導入しました。北東北では初めての設置となります。

よくあるご質問

治療費はどのくらいかかりますか?治療費はどのくらいかかりますか?

2013年の10月よりTAVI治療が健康保険の適用となりました。また、高額医療費制度をご利用する場合、費用の負担をさらに減らすことが可能です。

例)TAVI入院(約7日~14日)の場合

健康保険を使用される場合
70歳未満の方:約1,800,000円(3割負担)
70歳以上の方:44,400円(所得により異なります)
高額医療費制度を利用される場合(一般所得の場合)
70歳未満の方:約140,000円
70歳以上の方:44,400円

※部屋代・食事代は別途必要になります。(2014年6月)

TAVI治療が受けられない症例はありますか?TAVI治療が受けられない症例はありますか?

以下の様な病状の患者様はTAVIが受けられません。
TAVIが受けられない方でも、BAV(大動脈弁バルーン拡張術)が可能な場合があります。

  • 透析中の患者様
  • 先天性二尖弁の患者様
  • 悪性腫瘍などで余命が1年未満と予想される患者様
  • 活動性の感染症(心内膜炎など)の患者様
  • 生体弁機能不全の患者様

※BAVは局所麻酔で行うため、より重症な患者様でも治療が可能です。
 但し効果は限定的ですので、1度当院までお問い合わせください。

お問い合わせ

専門医による相談窓口を開設しました

お気軽にお問い合わせください。

専門医による相談窓口はこちら

メールでのお問い合わせはこちら

TOP